新着情報

幸せになるために

誰でも健康で長生きしたいですね。

先日我が家の法事の時、住職さんが【皆様何歳まで生きたいですか?】の問いかけに、自分としては少し戸惑いも感じました。

今現在こうして生きているのだから、その先の事は分らないし、人生の最終章は出来るだけ考えないようにしてるだけのようです。

自分は日々の仕事において、お客様とお話しする中で、それぞれの生きざまを感じます。

特に初めての方とお話しするときは、その方がどのような想いでお店に来られたのか気配りをいたします。

比較的に多いのが、健康・趣味次にレース思考のようです。

話を絞り込みますけど、自転車と幸福感はつながってるようです。

私が自転車に魅了されたのは、福岡市西区からたぶん日向峠であると思うけど、当時まだ舗装されてなくこの道どこまで行くのだろうと、ひたすらペダルを踏み込み登りきった所から、突然と眼下に糸島半島の緑の田園地帯、そのはるか先には真っ青な玄界灘が見えました。

ちょうど20歳の時でしたけど、今でもはっきり覚えているし、そこまで来た自分とそこからの景色に感動して,幸せのひと時でした。

人間、お金や名声だけではないのですね。

その想いを、これからもお客様と共有してゆくことが、自分の仕事だと確信してます。

人々が、【幸せになるために】水の一滴でもいいから、お役に立てればと思っています。