新着情報

自転車に乗るときの服装

自転車を買いました、では乗るときの服装はどんなのがいいのか?

一般車から競技用まで用途はありますけど、今回は通勤からサイクリング程度を考えてみます。

乱暴な言い方をすると、どんな服装でもいいかもしれません。

スカートで乗ってる方もいるし、足元はハイヒールでも裸足でも乗れますよね!(^^)!

以前サイクルロッジタニグチ大村店まで、ツーリングの途中で立ち寄った方がおられまして、京都から旅をしてるとの事で、途中JRで輪行しながらでしたけど、袴姿でした。

思わず、その格好で大丈夫かと質問したら、本人のポリシーらしく、もちろんですと答えた。

スカート・ハイヒール・袴等その方の志向があるので、それはそれとして、ちょっとそこまで位は良いけど、100キロ近く走るとなると、それなりに考えてた方がいいですね。

私がアドバイスするのは、長いパンツであれば裾が細いもので、ウエアーは発汗性があるもの、靴は運動靴、安全の為ヘルメットとグローブはお勧めします。

自転車は、交通ルールはもちろん守ること前提に、自由な乗り物だから楽しいのです。

こうでなくてはいけないと押し付けられることもなく、気持ちをリラックスして走ってほしいですね。

一例をあげると、NHK自転車旅番組の日野正平さんのファッションは、賛否両論はあるようですけど、かなりのファンもいるようですね。

以前、温泉のあと休憩室でくつろいでいたら、ちょうどそのNHK自転車こころ旅番組があっていて、一人の中年の男性の方が、食い入るように見ていたのが印象的でした。

ちなみに、これ人気番組のようです。