新着情報

輪行袋

自転車ライフにあれば便利なこの一品、お勧めは輪行袋です。

布製からハードなアルミ製までありまして、持ち運びに便利なものは布製で、5000から8,000円あたりです。

小さくコンパクトになるから、サドルの後ろに取り付けられますので、邪魔にもならず重宝します。

以前はJRに持ち込む場合は有料でしたけど、今は自転車が全部袋の中に納まっていれば、フリーで積み込んでいいのです。

例えば、長崎から福岡まで自転車で走り、帰りは輪行でのんびりJRでとか、五島までフェリーで出かけるとき、袋に入れとけば、二輪車の運賃はフリーになります。

ジェットホイル高速船は、持ち込み重量制限もあり自転車不可ですけど、すごくコンパクトに収まり軽い自転車であれば、積み込んでもらえる時もあります。

北海道とか沖縄に飛行機で手荷物扱いで乗せることも可能ですけど、飛行機会社によりサイズが決められていますので、要確認です。

海外に空輸するときは、専用のハードケースがベストで、トラベルケースの大型版と考えてください。

ハードケースの唯一の欠点は、小さくして運べないことで、旅先のホテルあてに預けるようになります。

ここで、輪行するときの注意点ですけど、まず分解して納めるとき各部品がお互い接触してないかを確かめてください。

輪行して多いトラブルは、後ろの変速機が曲がってしまったのをよく見ますので、再度組み立てするときはまず初めに、変速チェックをお勧めします。

サイクルロッジタニグチにも、このようなトラブルで持ち込まれる方も少なくはありません。

店舗にて、商品の販売もしておりますので、JRや飛行機等で初めて輪行計画をしてる方、購入時点でご説明等致しますので、ご相談ください。